カタログ通販セシール(cecile)のオンラインショップ

> > > > > 【お悩み解決】狭い部屋でも収納したい! 部屋の片付け方のコツを教えて

【お悩み解決】狭い部屋でも収納したい! 部屋の片付け方のコツを教えて

関連カテゴリ :
収納ベッド
更新日:
2018年5月17日
【お悩み解決】狭い部屋でも収納したい! 部屋の片付け方のコツを教えて

狭い部屋でも広く見せたい!何とかして部屋を片付けたい!片付けが苦手でもできる、部屋の片付け方、広く見せるコツについて。

収納はいつの時代も悩みの種。
モデルルームのような部屋にするのはなかなか難しい。
狭い部屋でも広く見せたい!最低限スッキリさせたい。
ではその最低限はどこまで何をするべきか?部屋の片付けのコツと、部屋を広く見せるテクニックについて考えてみました。

部屋が片付けられない!みんなの悩みポイントは?

セシールが実施したアンケートによると、圧倒的に多いのは「収納が足りない」という悩みです。

「洋服が多すぎて備え付けの収納に収まらない」
「クローゼットの中の季節外れの洋服などの収納の分別に困る」
「新しく購入した家電製品が増える度に収納する場所が、もうない」

など、物の数と収納のスペースの折り合いに悩んでいるのは、あなただけではありません

そこで、片付けのコツと、部屋を広く見せるためのテクニックを調べてみました。
その中で、忙しい人でも、片付けが苦手な人でもできそうなコツをいくつかご紹介します。

これだけでいい、部屋の片付けポイント
一番目につく広い部分だけはキレイにする
昨日より1つ多く片付ける
買い物前にしまう場所を空ける、 買うものより1つ多く捨てる

少しでも部屋を広く見せるためのテクニック
複数の機能つき家具にしてみる
目線を意識する
明るさと色でカバーする

まずは、片付けのポイントから…

一番目につく広い部分だけはキレイにする

気がつけばいつも物があふれてる
気がつけばいつも物があふれてる

例えばリビングのテーブル。ごちゃごちゃしてませんか?

郵便物、新聞、チラシ、リモコン、学校からのお知らせ、子供のマンガやおもちゃ、調味料etc.
食事をするたびに端に寄せて、そのあとはまたごちゃごちゃ……。どうしてこうなるのでしょう?!

まずいったん全部床に下ろしましょう。そして、一つ一つ本来はどこに置くべきか、捨てるべきかを判断。必要な物でも、テーブルの上には戻しません。

実はリビングのテーブルの上は、ここさえ片付けておけばなぜか部屋全体が片付いて見えるキーポイントなんです。

お客様が来たときも、最初に目に入る場所なので、ここだけは何があっても絶対に何も置かずキレイを死守します。

1つでも物を置くと、不思議に物がどんどん集まってきます。
TVのリモコンもこの上には置かず、子供やパパにも「この上だけは死守!」を徹底させましょう。とてもきれいになっているところが一カ所あると、徐々に周辺もキレイに片付いていくものなのです。

昨日より1つ多く片付ける

一歩ずつ、少しずつ
一歩ずつ、少しずつ

一気にすべてを片付けようと思うとなかなか手がつけにくい。なんとか始められても、途中で力尽きてしまいます。

そこでまず今日散らかした物は今日片付ける。そして、何でもいいからプラス1つ片付けてみましょう。

台所で洗い物を終えて拭いた食器をしまうときに、食器棚をもう一度見てずっと使わずにいた食器を1つ捨てる。

洗濯物をたたんで家族みんなで自分の分は自分でしまう。そのときに、たとえば一人1枚着なくなった服を選んで、ビニール袋にまとめる。ゴミ回収の前日が、効果的。

とにかく1日で散らかしたりよごした物はその日のうちに解決し、プラス1つ何か片付ければ、長い目で見ると1年に365カ所はキレイになるのです。

部屋の片付けは自分のペースで無理なく進め、長続きさせるのが一番。収納名人だからテレビや本に出るので、いきなり同じレベルに到達しようと思っても無理。無駄に収納グッズや100均アイテムがたまって、かえってストレスがたまってしまうことも。マイペースで進めましょう。

買い物前にしまう場所を空ける、 買うものより1つ多く捨てる

いつも定位置に
いつも定位置に

いらないものは捨てる」これはどんな片付け本にも必ず書いてある基礎中の基礎。

持っているものを全部だして、いるもの、いらないもの、保留に分ける。保留のものは1週間とか1ヶ月とか期間を区切って、その間使わなかったら、思いきって捨てる!
これって実際やってみると驚くほどいらないものがあって、劇的にきれいになります。

わかっちゃいるけどなかなかやれない、忙しくて手がつかない…という人は、買い物するときに、次の2つを実践してみてはどうでしょう?

・買うものは置く場所(しまう場所)を片付けてから買う
・買う時に、買うものより1つ以上多く、持ち物を捨てる

そうすると、買ってはみたものの入らないはなくなるし、買い物したけど、無駄なものは減っていきます。

いらないなぁと思っているけど、大物などは捨てるのには勇気がいる。
そういう時は、いらないものが占拠しているスペースが、家賃やローンに占める価格を計算してみる。やっぱ捨てとこうという気になりませんか?

複数の機能つき家具にしてみる

収納付ベッドや、収納のついたテーブル、ソファベッドなど機能付家具を選ぶというのも片付くコツ

収納力を上げるなら、やっぱり収納付きベッド

ベッドスペースは、最もスペースを必要とする部分。

収納ベッドがあれば、かなりの収納力を期待できます。

衣類や、ある程度出し入れが頻繁なものをしまうなら、引き出し式の収納がついているタイプがおススメ。

あまり出し入れしない旅行用トランクや、季節家電などをしまっておくなら、跳ね上げ式がおススメです。

ソファーベッドで、空間を確保

普段はソファーとして活用しながら、寝るときだけ、ベッドとして活用できるのが、ソファーベッドの良いところ。

でも、大事なのは、ベッドに戻すスペースを確保することと、掛け布団などの収納場所をきちんと考えておくこと。

そうしないと、ただのベッドになってしまいます。

スツールにだって、収納を求めてみる

小さなスツールにだって、収納力を求めましょう。

ブーツを脱いだり履いたりするのに、玄関にあると便利な収納付スツール

ただのスツールではなくて、その中に、来客用スリッパや、靴のお手入れ道具などをしまっておく。意外に収納場所に困り、出しっぱなしになりがちな小物たちもコンパクトにきれいに片付きます。

機能付き家具を上手に使うには

機能付き家具は、便利なアイテムですが、買えば片付くというものでもありません。

大事なのは、それを買うと何が片付いて、何が捨てられるか。

購入前に自分のライフスタイルをイメージし、片づけられるものもイメージしてから買いましょう。

目線を意識する

目線を意識して、できる工夫があります。

部屋に入った時の目線を意識する

入口から入って最初に見える中央エリアに物が少ない、床が多く見えていると広く、片付いているように見えます。背が高い大きな家具は、入口から見えない手前の壁面に置く、家具類はあちこちばらばらでなくまとめて配置するなどして、部屋の床面積を確保すると、それだけで、少し部屋が広く見えます。

背の低い家具か壁面収納にする

背の高い家具はそれだけで、圧迫感があるもの。なるべく自分の目線より低い家具でそろえると部屋が広く見えます。でも家具がでこぼこしている(いろいろな高さがある)となんだか片付いて見えません。そこで天井までの高さのある壁面収納家具にして、壁の色とそろえれば、実際には部屋は少しせまくなってしまっても、ごちゃつかず、すっきり片付きます。

明るさと色でカバーする

部屋が明るいとそれだけで部屋は広く見えます
部屋が明るいとそれだけで部屋は広く見えます

部屋の明るさと色を工夫して、部屋を広く見せましょう。

窓を家具でふさがない

部屋の中に、自然な光がいっぱいにさしこんでいると、狭さをあまり感じません。部屋は暗いだけで、せまくみえてしまうものなのです。窓の前にはできるだけ家具をおかず、充分な光が入るようにしましょう。どうしても置かなければならない場合は、なるべく背の低い家具を配置するように工夫して。

明るい色の家具やファブリックでカバーする

もちろん好みは大事ですが、広く見せたいなら、明るい色使い、淡いトーンの家具やファブリックを選びましょう。カーテンやラグは壁や床に近い明るめの色を選ぶと効果的。照明を明るくするのもおすすめです。

濃いめの色はどうしても部屋が暗くなりがち。でも、やっぱり好きな色でそろえたい。そんなときは、そろえる家具やファブリックを同じテイストでそろえるとすっきりと、片付いて見えます。

カラーボックスや食器棚など、中に入っているものの色や形が様々になってしまうものは、部屋のメインのテイストにそろえた布地で目隠ししてしまいましょう。

さあ、今日から始めましょう!

今日はやるぞ!とがんばりすぎると後が続かず、いつのまにかまたごちゃごちゃしてくる。がんばるパワーがたまるまで時間がかかってしまう。そうではなくて、毎日少しずつ習慣にして、できなかったことより少しでもできたことを思えば、片付けのストレスも部屋もすっきりしてきます。今日からちょっとずつ始めてみませんか?

【お悩み解決】狭い部屋でも収納したい! 部屋の片付け方のコツを教えて ページトップヘ

この記事もおすすめ

この記事に関係のあるセシールの関連商品

  • チェストベッド(棚付き)チェストベッド(棚付き)

    43,092円(税込)~

    ベッド下の引出し収納に浅引きのほか、高さのある深引きがあるので写真のようにバッグなどを収納することもできます。左右の引き出しはコロレール付き、中央の深型引出しはキャスター式で取り出すことができるので、出し入れも簡単。収納物をサッと探せます。

  • 寝心地にこだわった本格ソファベッド寝心地にこだわった本格ソファベッド

    43,092円(税込)

    【完成品】とにかく寝心地にこだわったソファベッドです。ソファとしてはそれなりだけど、ベッドで使うとやっぱり少し物足りない。。そんな方のためにご用意したのがこちらです。厚みのあるクッションに加え、背もたれをフラットにした時にできるすき間を少なく設計しています

  • 自在に組み合わせが出来る収納付きソファベッド自在に組み合わせが出来る収納付きソファベッド

    43,092円(税込)

    ソファとしての使い方だけでなく、独立して動くスツールを移動させることで、L字型のオットマン付きソファのようになったり、ベッドとしても使えます。幅100cm長さ195cmありしっかりとベッドになります。座面下の引出収納はすぐ使いたい物がサッと取り出せ便利。

  • 棚 照明 引出付畳ベッド棚 照明 引出付畳ベッド

    35,424円(税込)~

    【ネット限定】 棚照明引出し付きの充実装備で使い勝手も良いです。

- スポンサーリンク -

【お悩み解決】狭い部屋でも収納したい! 部屋の片付け方のコツを教えて ページトップへ

セシールは、40年の歴史を誇る老舗のカタログ通販です。オンラインショップでは低価格で良質な収納ベッド商品のほか、さまざまなカテゴリの商品を多数取りそろえております。初めての方でも安心してお買いものをお楽しみいただけるようサービスも充実しておりますので、ぜひセシールでのお買い物をお楽しみください。