カタログ通販セシール(cecile)のオンラインショップ

> > > > > ブランケットとは?ひざ掛けとの違いを知って上手に使い分け

ブランケットとは?ひざ掛けとの違いを知って上手に使い分け

関連カテゴリ :
毛布・ブランケット
更新日:
2018年6月5日
ブランケットとは?ひざ掛けとの違いを知って上手に使い分け

ひざ掛けとブランケット。何が違うかご存知ですか? 違いを知って、シーンに合わせて活用しましょう。

夏冬季節を問わず、移動の車内、オフィスや店では、空調によって羽織るものが欲しかったり、足元だけ温めたいときがあるものです。そんなき、アナタはどんなアイテムを使っていますか?

夏の室内でクーラーが効きすぎていたり、冬の室内では暖房で部屋を温めても足元が冷えたり。オフィスや室内では誰もが快適な温度を維持するのはなかなか難しいもの。
そんなときのために、一枚あると便利なアイテムが、ブランケットやひざ掛け

そもそも、ブランケットとひざ掛けって何か違うの?そんな疑問にお答えします。

ブランケットとは、毛布のこと

ブランケット(blanket)とは英語で毛布のことを意味します。

その名の由来は、フフランスのブランシェ(blanchet/白い毛織物)がイギリスにわたり、ブランケットというようになったという説や、14世紀イギリスの織工トマス・ブランケットが最初に織り出したから、という説などがあります。

ちなみに、日本語の「毛布」はブランケットの「ケット」に「毛布」という字をあてたものが、音通り「もうふ」と呼ばれるようになったものとか。
「毛布」=「ケット」という日本でのブランケットの短縮語を他の言葉と組み合わせて、タオルの毛布=「タオルケット」、キルティング加工した布で作られた毛布=「キルトケット」のような和製英語も生まれています。

当初、ブランケットは縮絨(しゅくじゅう - 毛織物の工程で、水で湿らせてから熱や圧力をかけて毛を縮めることで、密度を上げる加工)・起毛仕上げを施した厚地の毛織物でしたが、やがて技術が進み、細い糸や様々な素材で編めるようになり、軽量で丈夫になり、寝具用としてだけではなく、野外に出かけたときの敷物として、または羽織りものとしても使われるようになりました。

日本では、寝具用に使う場合は毛布、室内や野外で敷物や羽織りものにも使えるものをブランケットと呼ぶことが多いようです。

ひざ掛けとは? 小さめサイズの防寒アイテム

一般的に、ひざ掛けというと、毛布のような全身を覆えるサイズのものではなく、1メートル四方ほどの大きさで、まさに、腰かけて、あるいは座っている状態の時に、膝にかけて足元を温めるものになります。

日本では、ブランケットとひざ掛けはほぼ同じような意味で使われていたりもしますが、英語で「blanket」というと毛布をさし、一方でひざ掛けは、「lap robe」、「travelling rug」というようです。

逆にブランケットは薄手の毛布なので、サイズが小さければ、ひざ掛けになります。つまりブランケットのひざ掛けというものは存在しますが、ひざ掛けのブランケットというものは存在しません。

ひざ掛けという名前は用途とサイズから来ています。

ひざ掛けだけど肩にかけてもいい?

ひざ掛けとして買ったものを、ストールのように肩にかけるものを一緒にしてもいいか、迷う人がいるかもしれませんが、冷え対策をするアイテムとして、暖めたいところに使えばOK!もちろん肩に掛けたっていいのです。

名前こそ、ひざ掛けですが、小ぶりの防寒アイテムと考えれば、使い方は自由です。

肩からかけても、もちろんOK!
肩からかけても、もちろんOK!

冬だけじゃなく、夏も活躍、オフィスでブランケット 

冬の寒さ対策用のアイテムと思われがちなブランケットも、素材を選べば一枚でオールシーズン使うことだってできちゃいます。

オフィスやソファなどで、ひざ掛けとして使うなら、大きすぎないサイズを選ぶとすっきり使いやすいですね。

また、乾燥している場所で使うなら、かけたり、はずしたり頻繁にしていると、静電気が気になったりします。
そういう時には天然素材のものを選ぶ方がいいかもしれません。

クーラーの吹き出し口が近くにある場合などは、足元の冷えより、直接あたる冷風がつらいといったときには、肩口の冷えが気になるもの。
肩からかけて、体を覆って使うなら、大きめのサイズを選びます。アクリルやポリエステルなど薄手の素材は、軽いので、保管もしやすくオフィスで重宝します。

いずれにせよ、外出先で厚みのある素材を選ぶ場合は、繊維が洋服につきにくいものを選ぶのがよさそうです。

夏は冷風対策に、冬は足元の冷え対策に一枚で大活躍してくれます。

おすすめ人気のひざ掛け、ブランケット 

ブランケットもひざ掛けも、いろんな素材、デザインのものが豊富にあります!
セシール商品から人気のものをピックアップ!その特長もご紹介します。

肌触りで幸せに、全12色

フチまでフワモコ。柔らかくて、軽い大人気アイテム。

やさしく空間になじむナチュラルトーン4色、心地よい明るさが映えるファミリートーン4色、落ち着いた深みを感じさせるモダントーン4色の合計12色から、自分らしいカラーを選んでください。

ひざ掛け用には、ハーフサイズを。

ネットを使えば洗濯機で洗える、使いやすい一枚です。

やっぱり天然素材派、というあなたには

天然素材コットン100%で肌ざわりは抜群!
ふわっと軽くて、羽織ったり膝にかけていても邪魔にならず、作業がしやすいのもうれしいですね。

夏場もエアコンを入れた部屋で、長時間過ごすときに心強い綿毛布です。

おうちでほっこりリラックスするなら

寝転んでいても立って移動するときも、いつもぬくぬくのガウンタイプの毛布は、家でのリラックスタイムに人気です。

肌ざわりの良いマイクロフリースを贅沢に使い保温性が高いので暖かく、やわらかい起毛仕上げでマシュマロのような肌触りを実現しています。

家じゅうどこでも、ぬくぬくです
家じゅうどこでも、ぬくぬくです

ブランケットにもアクセントにもなる優れもの

ふんわりした柔らかさが気持ちのいいブランケット。

明るい色合いのチェック柄で、使わないときにはファブリッククロスとしても使える優れものです。

シーンで上手に使い分け

オフィスやソファなど、ちょっとした防寒アイテムとして使いたいなら、ひざ掛けを。
秋冬のアウトドアに持っていくなら、少し大きめサイズのブランケットを。

あなたの使用シーンにあわせて、用意して、そのぬくもりにほっとしてください。

ブランケットとは?ひざ掛けとの違いを知って上手に使い分け ページトップヘ

この記事もおすすめ

この記事に関係のあるセシールの関連商品

  • 毛布(ふわふわマイクロ)毛布(ふわふわマイクロ)

    1,501円(税込)~

    くるまった時に気持ちいい、ふわふわかる~いぬくもりのマイクロファイバー毛布です。リビングで使ったり、布団と合わせたり、やわらかで自然にくるまりたくなるような感触です。セシール定番の12色展開で、お好みの色が選べます。

  • 【今治産】タオルショール【今治産】タオルショール

    3,780円(税込)

    【ネット限定】 スーピマオーガニック綿を使った肌触りの気持ちいい大判ショール。

  • やわらかウール毛布やわらかウール毛布

    6,469円(税込)~

    柔らかウールの明るい色合いのチェック柄。気持ちも明るくなりそう!

  • 毛布・肌布団カバー(ダブルガーゼ)毛布・肌布団カバー(ダブルガーゼ)

    2,149円(税込)

    「洗いにくいものは汚しにくく」ダブルガーゼの毛布・肌布団カバーです。汚れは気になるけど、洗うのが大変…。そんな毛布や肌布団は、カバーをかければお手入れが簡単に。綿100%ダブルガーゼのやわらかな肌あたりも魅力。

- スポンサーリンク -

ブランケットとは?ひざ掛けとの違いを知って上手に使い分け ページトップへ

セシールは、40年の歴史を誇る老舗のカタログ通販です。オンラインショップでは低価格で良質な毛布・ブランケット商品のほか、さまざまなカテゴリの商品を多数取りそろえております。初めての方でも安心してお買いものをお楽しみいただけるようサービスも充実しておりますので、ぜひセシールでのお買い物をお楽しみください。